日曜日の山陰沖磯のノッコミチヌのふかせ釣りは…


真っ直ぐ立つ事もままらないような強風もあり…


納竿13時半の予定にも関わらず、昼を過ぎても皆釣れず…


とにかく渋い状況でした…


そんな中…


ビシッ


会心のアワセに…


ぐんぐんぐんぐんっ


竿先を叩くようなアタリに…


ぎゅんぎゅんぎゅんぎゅん


その重量感にコの字を描く磯竿。


間違いなく…


チヌ



「ついに来たッスよ~



磯中に響く私の声に…



「マジッか~


共に喜んでくれるギニュー隊長とアンドレ君


「のんべぇさん、慎重にね~


仲間の祝福を受けながら、寄せて…


空気を吸わせて弱らせたところで、無事にタモに納めました
IMG_20160404_075127





















あがってきたのは30半ばとそんなに大きなサイズではありませんでしたが・・・
DSCF2554



















渋い状況の中、釣れた時間が納竿5分前という貴重な一匹なので、贅沢は言ってられませんよね
DSCF2555



















そんな感じで…


最後の最後で釣れるというミラクルな釣行となったんですけど…


裏側を言ってみるとこんな感じ↓













朝マズメは本命のチヌは釣れなかったものの…


外道のノッコミカサゴが遊んでくれて、それなりに楽しめはしましたよ。
DSCF2553



















ただ…


午前9時の満潮以降は、そのアタリすらなくなり…


風も強くなって全く釣りになりません。


そんな状況で、無情にも時間だけが経過し…


昼を過ぎた頃には集中力ゼロ・・・


適当に仕掛けを流し・・・


磯に座り込んで遠くの景色を眺めていると…



「のんべぇさん、ウキが入ってるんじゃないですか?」


と、ギニュー隊長。


促されるように道糸の先を見ると、確かにウキが沈んでいます。


ただ…


潮もずいぶん低くなっていますし…


それにタナを合わせてなかったので、これは根掛かりなんじゃない?


そう思いながら重たい尻を持ち上げ、一応、竿先にアタリを聞いてみると…


グングングン


生体反応あり


反射的に…


ビシッ



で…


文頭に至る。


渋い状況の中…


納竿5分前に釣るというミラクルな釣行になりましたけど…


釣った気が全くしません…


それでも…


楽しい釣行でした♪