数日前・・・


ピロン


「ヤリイカ85杯釣って捌くのに5時間かかったわ。アホやろw


今週の土曜日に行きますので、場所取りしとくから。」


釣り仲間の先輩からヤリイカのお誘いを頂戴しました♪


それだけ釣れてるんなら行くしかありませんよね


という訳で…


昨日の仕事帰りは、釣り仲間が待ってくれている波止へ


現地に到着したのは18時過ぎ。


まだ薄暗い中、急いで釣り座に向かっていると…


先輩が釣り人と喧嘩をされているじゃないですかっ


しかも、胸ぐらを掴んで押したり引っ張ったりと、危険な状態


事情がわかりませんでしたが、とりあえず乱闘にならないよう2人の間に入ると…


「邪魔じゃ~


先輩の鉄拳が私のボディに炸裂


そんな状況に…


これは収拾がつかないんじゃないかな~?…なんて不安を抱いたんですが…


2人が話し合い…


徐々に空気が落ち着き・・・


最終的には談話しながら釣りをするようになりました。


怪我人も出ず、めでたしめでたしな感じで結果オーライなものの・・・


なぜ争う事になってしまったのか?











皆様ご存じのよう、ヤリイカシーズンは沢山の釣り人で釣り場が賑わいます。


竿も3本くらい出される方が多く、海はウキだらけ・・・
(↓当日の画像)
DSCF2337



















そんな状況だから…


何かと窮屈なヤリイカシーズンでは、様々な場所で争いを見受けます。


今回も、この状況が要因の一つとなったと思います。


先輩と、喧嘩となった釣り人は並んで釣りをされていたんですけど…


釣り場にはウキが並び、打てるポイントが限られています。


そんな仲、釣り人は、潮に流すため潮上に向かって仕掛けを投げられ・・・


その仕掛けが、潮上で釣りをされていた先輩の正面に入っていた。


この状況が続いた為、口論となったようです。


釣り人の言い分では・・・


「潮上に仕掛けを投げ、潮に流すのは、ここでは暗黙の了解。

悪気があった訳ではない。あなたも仕掛けを潮上に放れば問題ない。」


先輩の言い分では・・・


「いくら潮に流すといっても、人の前に仕掛けを投げる事は、その人に迷惑をかける。限度がある。」


との事・・・。


お互いに言われている事はわかりますが…


お互いの認識が違う。


だから・・・


衝突してしまった。



ただ…


お互いの認識をぶつけ合い…


お互いの認識を理解出来たから、あの場が収まったと思います。


そして場が収まったもう一つの理由は…


「釣りを楽しみたい」という共通の想いがあったからじゃないのかな?


楽しむ為に行く釣りで、争いなんてしたい人は居ませんからね♪


さて…


そんな感じで始まった昨夜のヤリイカ釣りですが…


2時間程度やって釣れたのは4杯という毎度の撃沈…
DSCF2335