今日は、山陰のノッコミチヌを釣りに行った。


出船は早目の午前4時という事なので、船着き場に到着したのは3時40分。


ここで、フィッシュナイフを忘れた事に気がつく。


同行者も持参しておらず、釣ったとしても刺身が出来ない事にかなり落ち込む。


船は定時に出航。


真っ暗な中、目的となる磯場に到着。


フィッシュナイフのみならず、ヘッドライトも忘れており、同行者へ迷惑をかけた。


暗い中、撒き餌を練るも、明るくなるまで時間を持て余す。
1428782830847
















日の出を待っている最中、腹部が痛くなる。


薄暗い中、岩陰に隠れ海へ向かって用を足したところ、誤爆…。


岩の掃除に時間を取られる。


そうこうしている間に朝マズメ開始。


急いで仕掛けを作っていると、1.5号ハリスをケースごと海に落とす。


仕方なく1.2号のハリスを使用。


仕掛けを完成させ、釣り開始。


当て潮が強い。


10m沖のかけ上がりを釣るこのポイントでは、釣りの成立が困難である。
BlogPaint






















そんな中、待望のアタリ。


が、釣れるのは外道ばかり…。
1428796724985
















1428805195960
















1428810812694






















潮周りが悪いからかと天を仰ぐと…



天気だけは良い。
1428816469466
















昼前、ついにチヌっぽいウキの入り方。


竿に聞いてアワセを入れると…


その竿先を叩くような反応はチヌに違いない。


が…


かけ上がりで擦れたのか、それまでの根掛かり等で傷が入っていたのか…


数秒で道糸が飛んだ。


あまりのショックに私の意識も飛びそうになった。
KIMG6188-1



















ガッツリと肩を落として仕掛けを作り直していると…


1.2号のハリスがケースごと海に落ちた。


すぐさま拾おうとしゃがみ込むと、ライフジャケットの胸ポケットからガン玉ケースが海に落ちた。


ガン玉ケースだけは回収に成功。


なんだかんだしていると、撤収時間15時が近づく。


片づけをした後、膀胱がかなり張っている事に気付く。


岩陰に隠れ海に向かって用を足すと、被爆…。


向い風に苛立ちを感じながら、磯ブーツを海水で洗う。


結局、チヌの顔を見る事なく帰航。


フィッシュナイフを忘れて悩んでた事が恥ずかしくなる。
1428819186614
















そんな感じで、山陰ノッコミチヌ釣行は悲劇の連続となった。



帰宅後、バッカンのチャックの取っ手が壊れて、それを開けるのにかなりの労力を要す。
1428827170502
















帰宅後にまで悲劇が続くとは予想だにしていなかった。



唯一の救いは…


他の方々もほとんど釣れていなかったという事。


これで私だけ釣れていなかったら、立ち直れない状態になっていたであろう。