今日は昼から時間が出来たので、オイサンと山陰の荒磯へヒラスズキをシバきに行く事に


取りあえずタックルの補強をしておきたいので、いつもお世話になっている釣具屋さんに集合してルアーを物色していると…


「のんべぇさん、ライジャケは持って来てる?」


とオイサン…。


いやいや、頭からガンガンに波を被るような時化た磯で釣る訳ですから、いくら私がアル中でも忘れる筈がありません


なんて思ってたんですが…


忘れてた…


こんな時…


どうする…?


俺…?



一旦、家に戻るか?


いやいやいやいやっそんな時間はありません


ならば…


ライジャケ無しでやるなっしー?


いやいやそれは危ないなっしーよ


それなら…


ターゲットを変えて豊田でワカサギでも釣るか?


年配のオイサンにも優しいかなと一瞬思いましたが…


荒れ狂う荒磯で男らしく竿を振る


そんな強い気持ちが私を後押しして…


散財
KIMG5329


































これでもう後戻りは出来ない


釣れるまで帰れない


ヒラスズキを釣るという強い気持ちはさらに強まり…


それは私の釣り人魂に火をつけました


その火は…


あまりに見事なベタ凪に一瞬で鎮火したんですけどね…
(ライジャケどころかサンダルでも釣りが出来そうなくらいでした)
KIMG5334



















帰り道…


釣果報告の為に、集合場所となった釣り具屋さんに立ち寄り…


指を2本立ててみると…


「2本釣られましたか~


店員さんは喜んでくださいましたが…


2投で撤収したっていう意味ですから…