うちの道場には、カイ君という中学生が居ます。


そんなカイ君なんですが、8月に行われる全日本大会に出場するという事なので、そろそろ試合用のメニューをこなしていかなければなりません



そんな厳しいメニューに耐える身体をつくってもらう為に、烏賊でも食べてもらいましょう





という訳で…



仕事を終えた後~空手が始まるまでの間、移動時間を考えると1時間程度しか時間がありませんが…




近所の海へ車を走らせ…





キャスト~~~




定番のエギボンバーを投げました




っが



風が強くてアタリが取りにくいんですよ




そんな中、アオリを探すも…



時間だけ経過してタイムリミットまであと10分…




こんな時…



どうする…?



俺…?





出した答えは…





コウイカ狙い




居着いている場所へ移動して…




キャスト~~~




からの~…




ボトムちょんちょん



からの~…




スティ




からの~…





ビシッ




ぶしゅ~



ぶしゅ~~




KIMG3297








時間ギリギリではありましたが、何とか食べごろサイズのコウイカをゲット





これで任務は完了なので、急いで道場へと向かいました




道中…



「カイ君は素直な奴やから…



「おぅこの烏賊はさっき釣ったやつやから、明日にでも母ちゃんに刺身にして貰え



「えっこんな美味しそうなのを貰っていいんですか~



「当たり前やろ~がこの烏賊を喰ってお前がバリバリ強くなったら、俺はそれが一番うれしいから



「あざ~す烏賊を食べてガンガン練習して、きっと日本一を獲ってみせます押忍




なんて事を妄想しながら道場へ行くと…


















































修学旅行の為に休みだなんて…




早く言ってよ…