昨日の山陰磯ショアジギング…



結構釣れて楽しかったのですが…



KIMG1598






(自然の生け簀)



楽しかったのは釣り終わるまでで、帰り道は酷い目に遭いました



見るだけでめまいがするような断崖絶壁を登ったり降りたり…


アップダウンの激しい急斜面の獣道を登ったり降りたり…





そのデンジャラス具合から、リアルにイメージさせられる死の恐怖で本当に泣きそうになりましたよ






それらの危険な問題点として、両手がふさがっている事が挙げられます



片手にロッド…


反対の手に釣った魚の入ったビニール袋を持っていれば、足を滑らせた時なんか一発で奈落の底へ落ちてしまいそうですから





という訳で…



昨日の帰り道に、その問題点を解決すべく釣具屋に寄りました




で…



購入したのは…



KIMG1604













背負子



これに発砲スチロールの箱かクーラーボックスを装着してやれば、問題点の「両手がふさがる事態」は回避出来ます



ただ…


もう1つ新たな問題が…


それは...





















これを背負ったまま崖を降る自信が無いということ…



本末転倒で転倒といういよかんがします…←イヤナヨカンノリャク...(。´Д⊂)