「地元でルアーロストするよりもガソリン代の方が安い」


というお師匠さんの言葉に突き動かされた昨日は…


ルアーもガソリン代もロストするという悲劇


もうしばらくは遠征しません



そう思っていると…


「車出しますよ~


今度は電柱オヤジさんの言葉に突き動かされました


という訳で…


3度目の正直、関門シーバス退治です



現地に到着すると…


びゅおおお


強風とまではいかないもそこそこの風


ただ…


その為か釣り人は少ないですよ←シオガワルイカラヤロ…( ̄∀ ̄)


そんな中、夕マズメから打ってるオイサンに状況を聞くと…



「全然ダメコノシロが浮いてこん昨日も結局釣れよらんかったらしいし…


ですって…



人が少ない原因って…


それ…?



いよかんです←イヤナヨカンノリャク…( ̄∀ ̄)


そんな感じでいよかんを感じながらも…


3人並んで…


キャスト~



するもやっぱりミノーの射程距離にコノシロは居らず


となると…


もっと奥底を狙って、素晴らしい射精距離を持つバイブを…


キャスト~


深いところに突っ込むと…



ビクビク


感じました←コノシロハッケン…(≧∇≦)


これで釣れるでしょ


059c236a.jpg



キャスト~


キャスト~



まきまき…


ガツッ


ガツッ



コノシロにぶつけながら巻いていると…



ブルブルッ



確かに感じた…



尿意←サムインダモン…(ノ△T)



一時停戦


そこからオイサンが帰られ、電柱オヤジさんと2人でミノー、シンペン、バイブを投げ倒したのですがアタりすらありません


寒さもあって、21時前に…


「ラスト3投にしましょ~か


と電柱オヤジさんの提案。


この状況ではそれが正解でしょうね



まぁとりあえず3投という事なので…



キャスト~


キャスト~


キャスト~



3回投げると…


言い出しッペの電柱オヤジさんはまだされてるッペ


毎度の事ながら3投で終わらずダラダラと打っていると…


まきまき…


グンッ


確かに感じた…




ゴミ



一瞬期待したぶん残念ですが…


い~事を思いつきましたよ


ドッキリ作戦


電柱オヤジさんは素直な人なので…


「きたぁぁぁぁ


って言えば…


「マジですか~


と走ってこられる筈です


そこで…


「うっそぴょ~ん


とでも言った日には…




うっしっしっ←イジワル…(゜∇゜)



ゴミがヒットしてるのがバレないように気をつけて…


ドラグを緩めて…


ドッキリ作戦開始




ビシッ


「はいヒットォォォ



ジジィ


計算通りにドラグが鳴り…


念には念をで、竿先をシェイク


すると…


グングン


ジジィ


これは完璧な演技でしょ~


それに対する、とっても素直な電柱オヤジさんの反応は…








「ゴミやないですか…


とっても素直



本格的に虚しくなって…


撤収



3度目の正直と気合いを入れた関門シーバスは撃沈でした


そういえば…


「ヒットォォォうっそぴょ~ん」のドッキリ作戦も3度目だったような…


でも…


次こそは決めてやりますよ


うっそぴょ~ん←シーバスネラエヨ…(ノ△T)