「じゃぁ、先に着いた方が場所取りをしとこう♪」

と、職場の後輩にあたる屁こき病のスポック船長と宇部タチの約束をした今日…

仕事を終えてダッシュで帰宅

愛犬アビディの世話をして、今朝やり忘れた朝顔の水やりをして、←ムスメノタカラモノ…( ̄∀ ̄)洗濯機回して、ご飯をといで…

主婦業を手際よくやり、人気埠頭へ

「スポック船長はもう着いたやろか~?待たせては悪いなぁ

と思いながら埠頭を伺うも、スポック船長はまだ来ていない様子♪

で…釣り人は居るのに何故か先端が空いていたので、場所取りは完璧ですよ


でも…場所を取ったのは良いのですが…


日が高いこの時間は暇


スポック船長の到着を待つも…


彼が来たのは日没直前ですよ


「お疲れ~ッス♪ブッ


「…………………
こらぁ先輩様に場所取りさせて社長出勤とは何事じゃぁぁぁ


「うひょひょひょブッ


これは肛門蹴りの刑しかありませんよ

でも…勢いで屁をこかれたらたまらないので勘弁してやりました


で、2人で…


キャスト~


…してたら、私に指2本の紐パンサイズがヒットして…


立て続けに指3本をゲット
01361c7c.jpg
「スポック船長♪来てますよ~


と…伝えると、尻に火がつくスポック船長

ただ…彼は屁こき病の為、本当に火がつくのではないか心配になりました←ヘハモエル…ガタガタ…(°□°;)

肛門ファイヤー寸前のスポック船長が…


キャスト~


キャスト~


キャスト~



鎮火


一方私にも反応が無くなり…


そんな静けさの中…


ブッ


と破裂音が←ヘノオト…(°□°;)



「こらぁあんたが屁をこくから太刀魚が逃げたやないか~


すると…

「いや僕してないですよ~ブッ


ですって…


じゃぁ、コイたのは誰なんでしょうか?←オマエヤロ…( ̄∀ ̄)


そんな感じで、時間だけが経過し…


スポック船長は完全鎮火してますよ


その時、エイちゃんが←ナルトビノエイチャン…( ̄∀ ̄)

「スポック船長♪足元でエイが泳いでるぞ


「わぁ凄い大きいですね~ブッ


「こいつらはメチャクチャ引くぞ(笑)」

「本当ですか~ブッ

と、何故か嬉しそうな屁こき病のスポック船長

その後…


「おいまたエイが泳いどるぞ~


「どこですか~♪ブッ

キャスト~


「また居ったぞ~


「本当ですか~♪ブッ

キャスト~


………………………


この人…エイを引っ掛けようとしてますよ


ただ…あのやり方じゃ、一生掛けれないでしょう←カカラナイニコシタコトナシ…( ̄∀ ̄)


案の定、何度もエイちゃんヒットに失敗してますよ(笑)


しかし、そんなスポック船長に一世一代のチャンスが♪


エイちゃんがヘチに張り付き、岸壁についてる貝類を食べ静止してます
これなら確実に引っ掛けれますよ←アブナイヨ…ガタガタ…(°□°;)


ニヤニヤしながら足元にルアーを落とすスポック船長…


そして…


ビシッ


ぐぃぃぃぃぃぃ


本当に引っ掛けてますよ←アンタアホチャイマスカ…(°□°;)

次の瞬間…


「根掛かりでしたブッ


あんた…何がしたいの←アホチャイマスカ…(°□°;)


話を聞くと、大物の引きを堪能したい様です


理由が分かった後…


大きなボラの大群が

そこで…

「これ引っ掛けてやるかぁ♪」

と、可愛い後輩のスポック船長の願いを叶える為、群の奥へ…←カワイクナイヤロ…(;`皿´)

キャスト~

ポチャン


トゥイッチトゥイッチ


トゥイッチトゥイッチ



ガツンビシッ


ジィィィィ


ロッドがひん曲がり、ドラグが鳴ります(笑)


「はい♪どうぞ♪」


と、スポック船長にバトンタッチすると…


「うひょひょひょブッ


と、満悦の様子


太刀魚は釣れなかった物の…

何とかボラで大物体験をさせてあげられて良かったです♪



はぁぁぁぁあ私…何やってんだろ


ブッ