天気予報から…どうやら今夜から雪が降る模様しかも風速6~7リットル←メートル…(°□°;)の荒れっぷり
しかし…世間一般の人は行かずとも、空手で培った精神力を持つ私は行ってやりますいざ肛門←カンモン…( ̄∀ ̄)
という訳で暗くなった頃に現地入りしましたすると…人が一杯です←ガタガタ…(°□°;)
皆さんも空手やってるのですかね←ヤッテナイ…( ̄∀ ̄)
でも…雪降ってますよ風凄いですよ吹雪ですよ
そこのお兄さん鼻垂れてますよ←クチニハイッテル…ガタガタ…(°□°;)

そんな過酷な状況下、適当な所にエントリーしました

キャスト~

まきまき…

キャスト~

まきまき…

関門シーバス用のルアー、バイブをローテします

情報を集めると、今日はあがってない様子

しかし…釣れてないだけであって、居ない訳ではありません←マエムキ…( ~っ~)/

一心不乱にキャスト~
バスト~←オパーイ…\(^ー^)/

1時間経過した頃、私はある事に気づきました←ハッ…(゜∀゜;ノ)ノ
















「鼻水が垂れてる」←ドウデモヨイ…( ̄∀ ̄)


鼻水キャスト~

まきまき…

ゴツゴツ

キャスト~

まきまき…

ゴツゴツ


今夜もコノシロがよくアタリます

しかし…時折コノシロにしては強すぎるアタリもありますよ←マサカ…(°□°;)
まさかのショートバイトですかね?

次は、コノシロにしては強すぎるアタリに合わす事にしました

キャスト~

まきまき…

ゴツゴツ

ゴン←キタァァァァァァァァァァァァ…(゜∀゜;ノ)ノ

ビシッ←デンゲキアワセ…(;`皿´)

グググ

ロッドがしなります
←ツイニヤッチャッタヨォ…(-^〇^-)








でも…やっぱりコノシロのスレ掛かりです
こやつら…遠くで掛かると結構引きます


2時間程度経過しましたが、シーバスはあがって居ない様子コノシロはスレ掛かってますが(笑)コノシロからすれば、良い迷惑でしょうね←ソウヤロナァ…( ̄∀ ̄)

今夜は無理そんな空気が立ち込め、一人…また一人と強者が去っていきます

その時…

バシャバシャ


後からひょっこりやってきた、隣の隣の隣のおっちゃんが…すんなり釣りました
皆の視線が集まります←チューモーク…(≧∇≦)
一躍スターとなったおっちゃん…

「小さいのぉ

残念がってますいや小さいって…ゆうに60はあります←デッカーイ…(^o^)/

残念がるおっちゃんは…そのまま…

ボチャン

まさかのブリーフです←リリースデス…( ̄∀ ̄)

結構肥えて、美味しそうなシーバスのリリース…そのすぐ隣に居たお兄ちゃんの顔が印象に残りました
まるで「パンツの叫び」の様でした←ムンク…ガタガタ…(°□°;)

何事も無かった様に、釣りを再開するおっちゃん
なぜかガッカリしている隣のお兄ちゃん←ホシカッタンヤロナァ…( ̄∀ ̄)

ここで少しおっちゃんのテクニックを偵察しました←ノゾキミ…( ̄∀ ̄)

すると…割と早麻巻きです周りはゆっくりゆっくりと巻いてるというのに

そして…おっちゃん2匹目をゲット
周りは、コノシロ以外カスリもしないという状況で…おっちゃん1人勝ちです←スンゲェ…(°□°;)

タモで掬ったシーバスを厳しい表情で眺めるおっちゃん何かを期待しておっちゃんを眺めるお兄ちゃん←チョーダイ…(>Σ<)

どうやら納得した様子のおっちゃん、キープして納竿心無し肩を落とすお兄ちゃん←ザンネン…( ̄∀ ̄)

潮も緩くなって来たので、私もおっちゃんの後を追う様に撤収しました

しかし…あのおっちゃんは凄かったです
サクッと釣ってサクッと帰る私の理想です

達人です


「関門」の「達人」の「男」

…おっちゃんの名前は

おそらく…











カモンたつお←チャラリーン…(゜∀゜;ノ)ノ