朝、酒臭いイビキをかきながら新聞を読んでいると…

「長門周辺アジ50匹程度」

これは行くしかありません今年最後のファミリーフィッシング



のんべぇ一家の出撃です←シュランカゾクミタイナヒョウゲン…( ̄∀ ̄)
今日はぽかぽか陽気の絶好の釣り日和←キョウフウチュウイホウデテルヨ…( ̄∀ ̄)きっとファミリーが多い筈ですまだ子供が小さいので、入れるポイントが限られます
不安を抱きながらも○んこー島に到着いつもの波止場を見ると…誰も居ませんさっきまでの不安はどこへやら♪
急いでサビキを作ります

「パパまだぁ?」

やる気まんまんで、娘がせかしてきます

「すぐ出来るからよし!出来たよ

多少風はあるも、足元サビキなら影響ありません

「よぉし♪行くじょぉ

気合いが空回りして若干噛み気味の娘の…

キャスト~








アタリがありません

「パパ釣れんよ

「だ、大丈夫だぁ←シムラケン…ガタガタ…(°□°;)
餌撒いてたらすぐ釣れるよ

アミを入れ直して…
キャスト~







「パパ…やっぱり釣れんよ

海を見ると…魚はわんさか集まってますただ…10cm位のクロとバリです
これは…絶望です読○新聞を訴えてやります←サイバン…ガタガタ…(°□°;)
いや…釣れん病の私が悪いんですよどうせ…←ハブテルナ…(°□°;)

そんな中…

「パパママが釣ったよぉ

まさかと思い駆け寄ると…スレ掛かりしたノラクロです←マメクロ…( ̄∀ ̄)

「場所…変えようか
…という事で○海島の漁港に移動です

…が…釣れんわ疲れるわ面白くないわでジラを言い出す下の子供

「やかましい

大人気ない私

「びぇぇぇぇ(娘)」

撤収です←ムスメヨ…ゴメン…m(_ _)m

しかし…上の娘はまだまだやりたそうです

また○んこー島へ移動車内のビデオで下の娘も落ち着いてくれて良かったです←トィストーリー3…( ̄∀ ̄)
下の子と妻は車で待機…私と上の子は再び出陣です

「よし、着いたよ行くゾ

「……………」

「行くよ

「…………」

爆睡です←イイキナモンダヨ…( ̄∀ ̄)
仕方なく、余った餌を海に撒きますサビキで撃沈…1人余った餌を捨てるオッサンの背中…寂し過ぎます←アイシュウタダヨッテルヨ…(ρ_;)

出血大サービスでパニック状態のノラクロ←マメクロ…( ̄∀ ̄)を見て、車に戻ります
すると妻が…

「なんか泳ぎよるよ
すると…湾内を物体Xが悠々と泳いでいます

「あぁ、あれは固くて食べにくいから…

軽く流すも、やつはだんだん近付いてきます

プチっ

私の何かにスイッチが入りましたそして100メートルダッシュです揺れる腹と○○玉←オッサンヤカラ…(ρ_;)
100メートル先には釣り人が

「すいませんタモ貸して下さい

再び100メートルダッシュで妻の元に

「あっちに行ったよ
若干テンションアップしている妻が指差す方を見ると…

射程距離内です

先回りして進行方向にタモを入れます

「来い来い来ぉい
…ゴォォォル

しかし…入りきりませんよ

「これ、どないしよう

考えてる間に、ヤツは暴れます
そして…暴れた勢いで…スポッと入りましたゆっくりと引き上げ…

「ゲッツ」←ダンディ…(°□°;)

06030352.jpg

胴長50cm、重量4300gの赤イカです

「ブシュッブシュッ」←ビクッ…(゜∀゜;ノ)ノ

キャノン砲の様な雄叫びです

近くの人も集まってきて…

「兄ちゃん良かったなぁそりゃぁ美味いぜ」←タベレンノ?…(°□°;)

…という訳でばぁちゃん家に持っていきましたすると…

「こんな大きいの初めて見たわぁ冥土の土産やねヒャッヒャッヒャッ(笑)」

喜んではくれましたが…
ばぁちゃん…冥途の土産って…こんなので良いの?